遠山鉄工所

製品紹介

ダクタイル鋳鉄管

ダクタイル鋳鉄とは、従来鋳鉄の組織中に細長い片状に分布していた黒鉛を球状化させ、強度や延性を改良した鉄管である。従来の鋳鉄管に変わり、水道管をはじめ、下水道、ガスなど幅広い分野に使用されている。特に水道本管(導・送・排水管)においては、日本で最も多く使われている管材である。ダクタイル鋳鉄異形管は直管の継手として、またポンプの主配管、場内配管に使用される。

角丸拡大管

φ2,000×口径2,900
重量6,000㎏

豪雨時の洪水被害を防止するために、水位の高い河川の水を強制的に別の大河川へ排水する鋳鉄異形管。

両フランジ長管

φ2,000×4,000L
重量6,600㎏

最長4,000mmで、1mm単位で製造できる鋳鉄異形管。

2受T字管

φ2,600×φ2,100
重量9,000㎏

浄水場、排水場等の地形や形状に合わせて、様々な口径・長さ・形を一体で製作でき、複雑な水路を構築できる鋳鉄異形管。

ステンレス鋼管

材料としてステンレスを使用した管のこと。ステンレス鋼(Stainless Steel)は、文字通り、さびにくい材質であり、軽量で製作性が良く、耐腐食性にも優れています。

両フランジ曲管

2100Ax45°
重量2,200kg

浄水場、排水場等の地形や形状に合わせて、様々な口径・長さ・形を、溶接によって製作したパイプで、複雑な水路を構築できる。また、現地での長さが容易に調整可能。